セミナーで学ぶ
セミナーに参加するといろいろな事が学べます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


イライラ、抑うつ、眠気がひどい…月経前症候群(PMS)の症状でお悩みの方に|Happy Womb|HOME
ネットビジネスで稼ぐためのノウハウのすべてをセミナーでゼロからお教....







イライラ、抑うつ、眠気がひどい…月経前症候群(PMS)の症状でお悩みの方に|Happy Womb|HOME





























download();







calender();





PMSにお悩みの全ての方のために…

当サイトでは

1948年から半世紀に渡りPMSの研究を続け、ロンドンに世界初のPMSクリニックを開設した
産婦人医でもあるキャサリーナ・ダルトン医師の著書『PMSバイブル』より
あなたのPMSの解決の糸口を、分かりやすく解説致します。



あなたは本当にPMSですか?


PMSの定義は非常に勘違いされやすいのですが、
PMSの症状は身体的・心理的なものを含め、150種類以上あるとも言われており、
ある特定の症状が出ればPMSである、という定義は存在しません。

「私はイライラしやすいからPMS」
「いつも眠たくて仕方ないからPMS」というわけではありません。

では、PMSの定義とは一体何なのか?
医師は診断の際に必要な以下の3つの条件を満たしたものを、PMSだと判断します。


PMSの診断基準
1.症状は少なくとも過去二回以上の月経期上で、毎月みられていなければならない。
2.症状は月経前の時期にみられなければならず、また排卵以前に始まることはない。
  (これは月経がはじまる前の十四日間以内を意味しており、
   したがって、三十六日という長い周期では、二十二日目よりも前にははじまらない)
3.月経後には最低一週間は完全に症状が消えてなければならない。
『PMSバイブル』12頁 本編第3章より引用



以上のことから、PMSであるかどうかは、症状が出るタイミングのみに注目されます。
PMSを正しく診断するためには、あなたの月経をしっかりチャート式にチェックする必要があります。

【PMSの診断を受けた月経チャート】記入例






まずはあなたの月経周期と具体的な症状を3つチェックして下さい。


PMSによく見られる症状

心理面:イライラ(緊張)、抑うつ、無気力、攻撃的、疲労感、集中力低下、など…
身体面:頭痛、めまい、むくみ、気管支異常(鼻水や咳など)、皮膚や粘膜の問題、
    眠気、など…


もし、これらの症状が
排卵後から月経前の期間に現れ、月経開始から月経が終わる頃までに症状が完全に消える事を
自覚しているのであれば、あなたはPMSだといえます。

しかし、ご安心下さい。
専門の産婦人科医ですら知らない、PMSの症状から開放される食事療法があります。
病院で受診する前に、あなたもこの食事療法を試してみませんか?

この方法は、1945年ロンドンで世界初のPMSクリニック開業以来
4万人を超える患者に対して勧められた食事療法であり、確かな実績を残しています。

日本の医者は誰も知らない、PMS治療の権威であるキャサリーナ・ダルトン医師の食事療法をご紹介します。






当サイトを快適にご利用いただくために、InternetExplorer5.5以上、Safari1.0以上を推奨いたします。Javascriptは必ずONにしてご覧ください。
Copyright©2010. 株式会社夢丸. All Rights Reserved.




詳細を見る
スポンサーサイト


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://iuqxzeim.blog72.fc2.com/tb.php/5395-de244d76



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。