セミナーで学ぶ
セミナーに参加するといろいろな事が学べます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【食育理論動画セミナー】日本食育推進協議会 会長/長谷川 義洋
汗とニオイの問題を克服した後、あなたが多くの人の中でストレスなく自....


【食育理論動画セミナー】日本食育推進協議会 会長/長谷川 義洋





@import "/css/share.css";@import "/i_650217.css";









.ad_main {position:absolute;top:0px;right:0px}


はじめまして、こんにちは。 日本食育推進協議会 会長の長谷川 義洋(はせがわ=よしひろ)と申します。 人間、30代を超えてくると、ずっと健康でいたいと思う反面、体のあちこちが”故障”してきたり、 日々の生活の中で”年齢を感じずにはいられない出来事”も多々あるかと思います。 それゆえ、健康食品やサプリメントなどを試してみたり、 つい便利なコンビニエンスストアやスーパーマーケットをよく利用してしまいがちです。 しかし実は・・・ 驚かれたかと思いますが、安心してください。 実際にそういう成分は入っていません。 入ってはいないのですが、 それらには実は、ある一種の”厄介な成分”が入っているのです。 それがいったいどんな成分なのかと言うと、これは、あなたがサプリメントや健康食品をお試しになったことがあるなら経験があるかと思いますが・・・ 「このサプリメントを飲んだら、なんだか肌艶が良くなった”ような気がする”」 「この健康食品を始めてから、体の調子がいい”ような気がする”」 このような、”自己暗示にかかってしまったり、効果が出ていると錯覚してしまう”という成分です。 だから、そのサプリメントを飲まないと不安になったり、 切らしてしまわないように常に大量にストックしている方もいるのです・・・。 確かに、体に害もなく実際に効果のある製品も多く発売されていますので、私はあなたに、「絶対にやめてください」とは言いません。 ただ、 これだけは知っておいてほしいのですが、 近年の健康ブームに便乗し、 ●全く効果もないのに、有名人を宣伝に使って安心感を植え付けているだけのもの ●謳っている効果よりも、体にとって悪影響を及ぼす成分の方が多く入っているもの ●実は、原価が10%以下のもの など・・・。 こういったものを平気で扱う業者がいるのもまた事実だということなのです。 もう、怖いというよりも、怒りすら覚えるかもしれませんね・・・ とにかく、 それらの健康食品は、あなたの健康のすべてを支えるものではなくて、 ”足りない栄養素を補助するもの”それ以上でもそれ以下でもありません。 それをわかった上でお試しください。 しかし、 自分の体に何が足りていないかをしっかりと理解して、 本来の補助の目的で使っている方は、10人いれば2~3人くらいでしょう。 なぜなら、ヒアルロン酸が流行ればすぐに飛びつき、 コラーゲンが流行れば鍋にまで入れてしまうという時代なのですから・・・。 確かにそれも一理あります。しかし、 体を壊してしまい、痛い・苦しいのはあなた本人なのです。 たとえ今何も異常がなくても、 誤った食生活を続けている限り、あなたの体は間違いなく壊れていきます。 しかも・・・ あなたがもし病気になれば、優秀な病院も各都道府県にありますし、 昔に比べ医療制度も整いましたから、ヘルパーさんもたくさんいます。 でも、あなたが病気になれば、治療費や手術費や看病の問題など、 奥さん・旦那さん、お子さん、果てには孫にまで迷惑をかけることになるのです。 例えばお孫さんの夏休み・・・ 「おじいちゃんの具合が悪いから・・・」 「おばあちゃんが病気だから・・・」と遊びに来ることもできないのです。 それってとても寂しい老後ではありませんか? それでもあなたは・・・ あなたにきちんとした食の知識がなかったために、 病気になり、家族や色々な人に迷惑をかけるだけでなく、 きちんとした食の知識のない家庭で育てられたあなたのお子さんやお孫さんも、 将来あなたと同じような思いをするのです。 考えてみてください、 ファーストフード店、ファミリーレストランがこれだけ増えたのも、 「食」の知識がない親が多すぎるからだという現実を・・・。 しかも、たまの外食ならまだしも、 そういった食生活ばかりが習慣になっている家庭が増え、ついにこの30年の間に・・・ あなたはまだご存知ないかもしれませんが、 厚生省が発表した、糖尿病患者の推移によると、 1965年には3万3000人だった患者数が 1996年には23万7400人に増え、実にこの31年間の間だけで、7.2倍に増えています。(言うまでもなく、これは異常なペースです) もっと言えば、 最後に発表されたのが1996年ですから、 おそらく、2009年現在ではもっと増えていることが容易に想像できますよね。 さらに、40歳以上の男性の2人に1人が・・・ 最近ではテレビや雑誌でもよく見かける「メタボ」という言葉。 みんながおもしろおかしく”メタボメタボ”と言っていますが、 あれはただの「お腹が出ている中年男性を指す言葉」ではなく、 「生命に関わる危険」を背負っていることに”気付いていない”、 また、”改善する気がない”という列記とした病気です。 もちろんこれは、食事だけでなく、 ストレス社会や、環境の変化も多少含まれるとは思いますが、 特に男性は、栄養バランスや食料摂取リズムなどに関心が薄く、 自炊をしない・高カロリー&高コレステロールな食事を好む傾向にある というのが、かなり大きな要因なのではないかと思います。 ただ、これを聞いても落胆する必要はありません・・・ あなたにはまだこれが大げさな言葉に聞こえるかもしれません。でも実は・・・ 「食育」を理解・実践するということは、あなたが病気になる原因・リスクを知り、生活習慣を自分でコントロールできるようになるということなのです。 もちろん、神経質になって食事をすることが食育ではないので、 私だってあなたと同じようにコンビニも利用しますし、時には外食もします。 しかし、自分の体質・健康状態に合わせた適切な食事と運動を選択することで、さまざまな危険やリスクに前もって対策し、回避することができるのです。 あなたも、「食育」という言葉自体は、 今まで一度くらいは聞いた覚えがあるのではないかと思います。 食育とは、難しく言えばこのように↓ 食育(しょくいく)とは、様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てることである。2005年に成立した食育基本法においては、生きるための基本的な知識であり、知識の教育、道徳教育、体育教育の基礎となるべきもの、と位置づけられている。単なる料理教育ではなく、食に対する心構えや栄養学、伝統的な食文化、食ができるまでの第一次産業についての総合的な教育のことである。この言葉を造語した石塚左玄は、食品の与える影響に関する独自の説によって、子どもに食べさせる食品の影響によって子どもの心身を養うという意味で用いた。 (フリー百科事典『ウィキペディア-Wikipedia-』より引用) となりますが、 簡単に言えば、 あなた、そしてあなたの周りの大切な人の未来を大きく左右する、 あなたとは切っても切れない「食」についての、学校では教えてくれない大切なことです。 いいですか、大切なことなのでよく聞いてください。 もしあなたが、単に「延命」という意味で、 ”あちこちがダメになりながら生き長らえていく”ことを望んでいるのなら、 食育の知識は必要ありません。 しかし、パートナーや子孫のため、そして何より自分のためにも、 ”いつまでも元気なおじいちゃん、おばあちゃん”でいるに越したことはありません。 つまり、 あなたが元気に長生きしたいのであれば、遅かれ早かれ必ず勉強しなければいけない大事なことですし、病気になってからでは手遅れなのです。 ぜひあなたも、今日この時をもって、 「ただ長生きするのか?」もしくは「元気に長生きするのか?」 このどちらかを選び、これから生きていってほしいと思います。 ここまでの話を聞いてみて、いかがでしたでしょうか? 「もっとこれから、自分の体のことを考えていくべきなんだな・・・」 「食事なんてそこまで大切に考えることなんてなかったな・・・」 正直、あなたの中の”気付き”になることもあったのではないかと思います。 実は私は普段、 こういった内容の講義を通じて「食」の大切さお伝えする活動をしています。 なので、もっともっとあなたにお話ししたいことはあるのですが、 どうしても文字だけでは伝わりにくいこともありますし、 数分で語り尽くせるような薄っぺらな内容でもありません。 もしあなたさえよければで結構です。 このお話の続きや、もっと深く、食育の知識を学んでみませんか・・・? もちろん本来は、実際にお会いしてお話をするのが一番です。 しかし、距離や時間の問題があり、それではあなたに負担をかけることになります。 なので、右記の画像のように、 朝、晩いつでもあなたの空いている時間を使い、 ”私とマンツーマン(1対1)で講義を受けている感覚”で勉強できるような動画セミナー形式にしてあります。 一見すると難しい講義に思えるかもしれませんが・・・ 私は、国家資格でもある管理栄養士の資格を持っておりますが、だからと言って、「ブロッコリーが何カロリーで・・・」とか、 「炭水化物は・・・」という難しい話を延々とするつもりはありません。 なぜなら、私の使命は、食の大切さを頒布する(=広める)ことだからです。 分かりにくい話をしてしまい、あなたに伝わらなかったら意味がないのです。 なので、具体的には、 食べることの大切さとは何なのか?どんな食事を、どんな気持ち、姿勢で摂取すればいいのか?メタボリックシンドロームの本当の定義と、危険性とは?自然食を摂取することのメリットと、目に見えないエネルギーとは?親が子供に伝えなければいけない”食事中の礼儀教育”とは? などなど、このような”今日から生かせるお話”を順を追って、あなたの生活に照らし合わせてもらいやすいようにお話ししています。 さらに・・・ また、今回の動画は、4つのパートに分かれており、 ●プロジェクト1(51分45秒)●プロジェクト2(45分54秒) ●プロジェクト3(43分44秒)●プロジェクト4(28分00秒) このように、合計3時間以上の濃密な講義になっています。しかし、全てのデータをダウンロードするとなればかなりの容量を必要としますし、パソコンのスキルにも個人差がありますから、ダウンロードの方法がわからない方もいるはずです。 なので、あなたに余計な手間や面倒をかけたくありませんので、 1クリックで授業開始できるようにしています。 お申し込み完了後、動画再生ページのパスワードが配布されますので、 24時間いつでも、あなたはそのページへジャンプし、再生ボタンをクリックするだけで講義がスタートします。 ダウンロード販売(動画講義は購入者ページにて/書き起こし57ページ/レジュメ64ページ) :美容・健康関連商品についての注意書き: 当商品は全ての方に効果があることを保証するものではありません。 病気・生活習慣病には様々な症状・病状があり、効果には個人差があります。 この講義は動画で収録されていますので、 あなたがわかるまで何度でも止めて再生できます。 これは非常に特筆すべきメリットの一つなのですが、 もしこれが実際の講義であれば、 聞き漏らし、メモの取り逃がしといったことが起こりますが、動画形式にすることによってそれらのストレスが全くかかりません。 そしてもう一つ。 家事の合間、起きてすぐや、寝る前など、時間や曜日に左右されずに、 好きなときに講義を受けることができるのも大きなメリットです。 (もし可能であれば、最初のうちは食事中にご覧になってください。 自分の摂っている食品のことを考えながら観ることで、理解力が高まります。) さらに・・・ 当然ですが、何度も繰り返して学習することでそれだけ習得は早くなります。 しかし、動画であればパソコンのある場所でしか講義は受けられません。 なので今回は、音声のみの講義も一緒にご用意していますので、 通勤中、休憩中、車や電車の中など、常にこの講義音声を持ち歩くことができます。 (音声を再生機器に移す場合はデータのダウンロードが必要です) そして肝心の受講料についてですが、 食育というものは、”食の知識と意識を習得する”というものなので、 「健康でいたい」「長生きしたい」というご本人の意思が習得の鍵となります。 当たり前ですが、中途半端な気持ちや、覗き見気分で講義に望んでいては、 きっと途中で学ぶことを放棄したり、すぐに内容を忘れ、元の生活に戻ってしまいます。 私は、どうせやるなら真剣に講義を受けていただける方にお話しをしたいですし、 そのつもりで時間を使い、真剣に今回の収録を行いました。 それを理解いただいた上でお申し込みいただけるのであれば、 31,500円の受講料をご用意ください。 ただし・・・ 今回、この講義をこういった動画という形で一般公開するのは初めてです。 なので、あなたにお願いがあります。 「この講義を受けてみた感想、意見を私に教えていただけないでしょうか?」 メールでもお手紙でも構いません。 今後この講義をより多く広めるための参考にしたいのです。 なので、もしあなたがこのお願いを聞き入れてくださるのなら、 特別に、先着50名まで9800円にて今回の動画セミナーをご提供させていただきます。 今すぐ↓にあるボタンをクリックしてお申し込みをお済ませください。 ダウンロード販売(動画講義は購入者ページにて/書き起こし57ページ/レジュメ64ページ):美容・健康関連商品についての注意書き:当商品は全ての方に効果があることを保証するものではありません。病気・生活習慣病には様々な症状・病状があり、効果には個人差があります。 おそらくあなたは欲しいと思うはずです。 でも、今ふと思ったのですが、 よく考えるとこの講義は、長い目で見れば「寿命が延びる薬」なのかもしれません。 なぜなら、何も知らずにこのまま生きていくのと、 食育の知識を持って生きていくのとでは、間違いなく寿命に差が出ると思うからです。 たかが食事、されど食事。 ぜひこの機会に、食というものを考え直してみてください。 健康食品・健康マシンはもちろん、 マッサージ・ストレッチ・はり・灸。それだけでなく、 病院に通うお金も、薬を買うお金も、言わば「健康のために費やすお金」です。 あなたはこれまでにたくさんのお金を、 自分の健康のために使ってきたと思います。 もちろん、食育の知識を身に着けずにいれば、 これからもずっと、たくさんのお金を費やすことになります。 そう考えると、今回の9800円という一度きりの投資でこれから無駄な出費がなくなるのですから、どちらが賢い選択なのかはもう分かっていただいていると思います。 そして最後に、あなたに言っておきたいことがあります。 あなたに食育の知識がつくことによって、 あなた自身はもちろん、それをあなたの家族、知人に話してあげることができます。 (また、”申し込んだ人しか見るな”などというケチなことは言いませんので、 もしよければぜひ、ご家族や友人と一緒に、この講義を受けてみてください) それだけでなく、 正しい食の知識のあるあなたに食事を与えられた子供たちも幸せな人生を送り、 彼らもまた大きく成長し、あなたと同じように周りの人たちを幸せに変えていく。 とても素晴らしいことじゃありませんか? きっとあなたは、 あなたのご家族や友人が亡くなる間際にこう言われるでしょう。 「あなたがいなかったら、こんな幸せな死に方はできなかった」と・・・。 言いたいことが多くなり、つい長くなってしまいましたが、 長文・駄文にも関わらず最後までお付き合いいただきありがとうございます。 ぜひ、あなたのお申し込みをお待ちしています。 ダウンロード販売(動画講義は購入者ページにて/書き起こし57ページ/レジュメ64ページ) :美容・健康関連商品についての注意書き: 当商品は全ての方に効果があることを保証するものではありません。 病気・生活習慣病には様々な症状・病状があり、効果には個人差があります。 特定商取引に基づく表記


Copyright(c).2009. 株式会社フォース食育事業部×日本食育推進協議会 .All Rights Reserved.







詳細を見る
スポンサーサイト


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://iuqxzeim.blog72.fc2.com/tb.php/5385-5f5e6588



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。