セミナーで学ぶ
セミナーに参加するといろいろな事が学べます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


セミナー「一挙公開!ベトナム投資証券....
証券会社の選び方から3年で3倍が確実な「ベトナム黄金株」の見つけ方ま....


ベトナムの政界、経済界に精通する投資家 浅野哲が教える 初心者でもできるベトナム投資実践講座





































 


 








無料投資情報
『進もう!! 揺るぎない可能性を秘めたベトナム投資』
現在、ベトナム投資情報を無料で発信しております
弊社は月に数回、ベトナムと日本を往復しております。
また、ベトナム現地の有数の投資家と情報を交換しております。
そんな生の情報を皆さんにお届けしたいと思います。

姓:名: 
メールアドレス:

     





 









  
こんにちは。私はAAHLD(All Asset Holdings Limited.)

会長兼CEOの浅野哲と申します。







 
 浅野哲 著
「10秒で決める テレアポ&電話営業術」







はじめまして! そして、おめでとうございます。
あなたは、既に成功への道を一歩、踏み出しています。

折角ですから、あなたの大切な御資金を託していただく、私、浅野哲が
どのような人間なのか、少し、お話させて頂きたいと思います。
 
1970年、当時としては珍しい学生起業家として、早稲田大学政経学部在学中に起業、高額品訪問販売会社を設立
1978年、27歳で宝飾品販売会社に経営参加、高額品訪問販売会社を設立した際の経験を活かし、「売れる仕組み」を開発・実践、年商4億を7年で年商35億に成長させ、地方の宝石小売店を全国ナンバー1の宝飾品販売会社に急成長させる。
1982年、宝飾品販売会社の経営の傍ら、コンサルティング業を開始。 
1999年、実業の世界からセミリタイヤし、かねてからの念願だった司法試験に合格するために、北海道大学法学部に入学しました。
しかし、2003年、これまで築き上げてきた資金が底をつき一文無しに、悔やみながらも司法試験合格の道を一時中断し、生活費を稼ぐために、成果報酬型
電話営業コンサルティングを再開、呉服卸会社、宝飾品チェーン展開会社、訪販会社、化粧品メーカー、結婚情報会社等において「電話営業から始まるゼロからの顧客開拓」指導・実践。1年間で3000万円を稼ぎ出し、実業の世界に復帰しました。
現在は、シカゴのフィンケルマン社、ロンドンのローゼンフェルド社、香港のJBグループなど超優良企業とパーソナルに付き合える唯一の日本人として、アメリカ、ロンドン、香港、ベトナム、カンボジア等、グローバルにビジネスを展開させて頂いています。

特に、近々では、ベトナムでのビジネスを主として展開させて頂いております。
 
きっかけは、半年前、偶然の出来事から始まりました。
 




知人A: 「浅野、僕の知人のベトナム人が日本企業相手のでセミナーを企画しているんだけど、全然、参加者が集ってなくて困ってるんだよ。ちょっと、集客の手伝いをしてやってもらえないか?」

浅野: 「わかったよ。何社集めるのが目標なんだ?」

親友A: 「80社だよ。でも、まだ20社も集ってないんだよ。

浅野: 「大変だなぁ...で、いつまでに集めないといかないんだ?」

親友A: 「実は、3日後なんだ」

浅野: 「えぇぇぇっ!!」









直言って、無理だと思いました...
でも、親友Aは、私の実業時代、苦学の時代に私を助けてくれた大切な友人でした。断ることはできませんでした。

私は、携帯電話を手に取り、ありとあらゆる人脈に掛け合いました。
コンサルタントとして、苦楽を共にした企業...中には、10年前にお付き合いさせて頂いた会社にもお願いしました。

3日間、携帯電話を片時も離す事はなかったと思います。かけた電話は、延べ250件...
 
そして、なんと...
 
目標であった80社を大きく上回る100社の企業を集めることができ、大成功!
新聞にも取り上げられました。


2006年9月8日(金)日本繊維新聞


ベトナムの主催者の方々は、それはもう、大喜び...大満足してくださいました。
セミナー開催後のパーティではひっきりなしに、感謝の言葉を頂きました。

そして、これが私の転機になったのです。

なんと、そのセミナー主催者は、ベトナム経済界の要人だったのです。
そして、私に感謝の言葉を下さったほとんどの方々には、経済界の要人のみならず、
なんと、ベトナム政府関係者が含まれていたのです。




 
在日ベトナム大使館
大使



    
ベトナム
ズン首相



塩崎 元内閣
官房長官





 



ご存知のとおり、現在、日本とベトナム、日越関係は非常に良好であり、経済のつながりも日々強さを増しています。

そんな中、ベトナムのセミナー主催者は、
広く、日本の企業にベトナムの魅力、潜在能力を広く知ってもらうことで、ビジネスチャンスを模索すべく来日していたのです
そして今回、セミナー集客という無償の援助をした私を痛く気に入ってくださり、
ベトナムにおけるビジネスチャンスを私に提供したいということになったのです。


これがわずか半年前の話でした。

それからとういもの、毎月、2度、3度と日本とベトナムを行き来する生活が始まりました。

・政府関係者
・経済界の要人
・有名な投資家
・大手建築事業者
・知事

一人会うのも大変なはず...というようなベトナムの有力者の方々とお会いする機会を提供してくださいました。





30社を超える
コングロマリット
の総帥



ベトナム一の
建築デザイナー
兼 資産家



 
ハノイミルク
元社長












 

ファーライ火力
発電所副社長
 



バオベト保険の
HI省社長











さらに、たった2年で20万円を2億円にした伝説の相場師であるGFIN証券の社長とは
ビジネスパートナーとして、私がGFIN証券に出資をしたり、日々、株式に関する
情報交換を行ってます。





  

たった2年で20万円を2億円にした
伝説の相場師 GFIN証券社長










さて、あなたのために、すこしおさらいとして、ベトナムについて少し説明しておきます。
皆さんは、VISTA(ビスタ)という言葉を聞いた事はありますか?

今、BRICsといって、ブラジル、ロシア、インド、中国の4カ国への投資が
3年くらい前から騒がれていましたが、

これからはVISTAの時代だと言われています。
インドネシア(I)、南アフリカ(S)、トルコ(T)、アルゼンチン(A)、そして、
その筆頭にあるVがベトナムなのです。

私がお付き合いさせて頂いている、有名な投資家は、
皆口をそろえて、ベトナムの事をこう言っています。

 

今回はベトナム投資が始めてとういう方もたくさんいらっしゃるとおもいますので、
「何故、今、ベトナムが世界各国から注目され、海外マネーが流入し始めているのか?」
について、最初にご説明させて頂きたいと思います。

理由は3つあります。



2004年後半以降、中国一極集中の生産体制のリスクヘッジ先として、
ベトナムへの投資が拡大したという話を聞いたことがあるかもしれません。
その理由として、大きく取り上げられるのが、低コストかつ優秀な労働力でした。
ベトナムは、労働コストが中国やインドと比較して安いだけでなく、労働力として非常に優秀である。ほかのアジア諸国のワーカーと比較して技術面での記憶力に優れ、一つのライン作業はすぐに覚えてしまうし、一人で複数の作業をこなすことができるそうです。
代表的な例で言えば、某自動車会社が中国にセル生産方式を持ち込んだところ、定着させる事ができなかったが、ベトナムでは、あっという間に定着してしまったという事実があり、現在、日本のみならず、先進国から期待が集っています。
私は、毎月、数回にわたりベトナムを訪れる生活をしておりますが、その度に思うことがあります。
それは、ベトナム国民の温厚さ、誠実さ、勤勉さです。
私は、十数カ国の国を訪れ、様々なビジネスを展開して参りましたが、
ベトナム国民程、素晴しい国民は他にはいないと思います。
考えてもみれば、ベトナムは、超大国アメリカとの戦争において、
唯一、勝利を収めたことのある国です。
このベトナムの国民性あってこその成果であると、肌で感じております。
戦後の日本が急成長した理由も、温厚、誠実、勤勉な民族性が影響したという話も聞いたことがあるでしょう。
そういった理由から、私自身もベトナムの成長を強く期待させられてしまいます。

 

ご存知のとおり、現在、日本では出生率の低下、少子高齢化が問題となっており、その経済への影響が懸念されています。
人口の推移については、様々な予想がされておりますが、予想されている最悪のシナリオが展開された場合、
2020年には、日本の人口は現在の1億3000万人から、8900万人へ減少し、
全人口の50%以上が50歳以上となっております。
対して、ベトナムの人口は現時の8300万人から、1億2000万人へ増加し、
全人口の50%が30歳未満という分布になります。
人口がもたらす、経済への影響は、中国、インドの成長や、様々な経済情報から読み取れるとおりであり、ベトナムの経済の成長も非常に有望なものとなっています。

 

2007年1月11日、ベトナムは長年の念願だった、「WTO加盟」を正式に果たし、世界各国と同じ競争条件化で経済活動を行なえる国となりました。
つまり、他国から差別を受けることなく公正な貿易や商取引などを保障するされることになったとういことです。
WTO加盟はベトナムにとって、非常に大きなメリットがあるものです。その最大のメリットは、WTO加盟国がベトナムに対する非関税障壁を撤廃し、さらに最恵国待遇(※1)、内国民待遇(※2)を付与する事です。
例えば、ある国がベトナムからの安価なアパレル製品に対し、輸入制限を行なってきましたが、こうした措置は原則として撤廃されます。また、今後、貿易摩擦から新たな差別的貿易政策が採用されても、ベトナムはWTOの枠組みを通じて、この解決に取り組むことができるのです。
このWTO加盟が、多くの機関投資家をベトナムへの投資をより積極的な姿勢にするであろうという、予測が様々な経済誌や調査団体から発表されています。
 

※1 最恵国待遇
いずれかの国に与える最も有利な待遇を、他のすべての加盟国に対して与えなければならない
※2 内国民待遇
輸入品に適用される待遇は、国境措置である関税を除き、同種の国内産品に対するものと差別的であってはならない。つまり、自国民と同様の権利を相手国の国民や企業に対しても保障しなければならない。


現在、ベトナムは、有名なテレビ番組、『ガイアの夜明け』(テレビ東京)で

とりあげられるまでに至り、マスコミ注目を集めています。


 日経スペシャル「ガイアの夜明け」 3月6日放送 第253回
成長を買う! ~沸騰する新興国投資ブーム~」
  

また、現在のベトナムの株式市場の活況ぶりは、
日本でもよく報じられるところです。

昨年のベトナム株式市場は2006年の急成長を調整する1年となりましたが



今年中盤にかけて、ベトナム株式市場の急騰することを私だけでなく、
多くのベトナム経済界も予想しております。


さて、そんなベトナムですが、あなたもこのお手紙を読んでいらっしゃるということは、
当然、興味、関心をお持ちのことと思います。






 Yesだとしたら、非常にすばらしいことと思います。

もしNoだとしても、特に自信を無くされることはございません

なぜなら、私が経験してきたベトナムの投資環境は、
日本のそれと比べて100倍以上難しいものであるからです。

大げさに言っているようで、そうでもないのです。
少しだけ例をあげましょう。




 ベトナムの証券会社は私が数える限りで100社以上あります。注文方法も、オンライン、電話、メール等とそれぞれ異なります。
 今でこそ、一部郵送による手続きも可能という話も聞いておりますが、ほとんどの場合、ベトナム現地を訪れての手続きを行うことになります。
 その際、日本語対応はおろか、英語での対応もなくベトナム語での対応を必要とする会社もあります。




 ベトナムの証券取引は、メール、FAXが主流となっております。注文書を作成して、取引所の人ごみを掻き分けて、窓口に駆け込むなんてことも普通に行われています。
日本でも数年前までは、これが普通だったわけで何も驚くことはないのですが、オンラインで即時に注文、決済ができる日本の環境に慣れた私たちには、なんとも不便な環境といえます。




当然ですが、日本と比べれば、流通している情報量がまったくもって少ない状況にあります。さらに、日本語に翻訳されている情報を望めばさらに、情報は限られてしまうのは当然のことといえます。2007年は、2月の世界同時株安や、8月のサブプライム問題の中、世界の株式市場で乱高下が発生する中、ベトナム国の優良銘柄だけを選定して、購入するのは至難の業ではないでしょうか?



そんな、難しいベトナムへの投資を実際にどのように、行ったらいいのか、

現地ベトナムで○億円を運用する私、浅野哲が、




 

セミナーに参加していただければ、以下の疑問が解決されます。




ベトナムが投資対象国として注目されているのはなぜ?

ベトナムの証券会社はたくさんあるけど、どの会社を選べば良いの?

ベトナム株を買うために、証券口座開設から注文まで具体的にどのようにしたらいいの?

ベトナムの証券会社は100社以上あるらしいけど、どこの証券会社を選べばいいの?

ベトナムの株式市場は今、割高だって聞いているけど、現地の投資家はこの状況をどう見てるの?

ベトナムの株式銘柄を選定するときは、どうやって情報収集したらいいの?

どんな情報を、どのサイトで見たらいいの?
面倒くさがりの私でも、簡単にベトナムに投資するには、どんな方法があるの





 









 数えられるだけでも100社以上あるベトナム証券会社
 ただでさえ面倒な証券口座開設だから、慎重に選びたい!
 『間違えない、後悔しない証券会社の選び方』


 希望者には豪華ベトナム証券口座開設ツアーのアテンドも行います
 ・ホーチミン5つ星ホテルに滞在
 ・スパ、エステでのリラックス
 ・ディナーは一流レストランでセレブ気分!
 ・証券会社VIP室では日本語対応の口座開設手続き!





 証券口座開設後、ベトナム株式投資を行っている日本人は
 10%に満たない事実から、その90%に陥る罠を回避し、
 初心者でも確実に取引を行う方法、利益をあげるための
 方法をお教えします



 実は、ベトナムの黄金株は未公開株と現地人しか知らない
 株式の中にあります。日本に居ては知ることができない、
 現地で取引を行う投資家だからこそ得られるリアルな情報を
 今回、特別に公開します。

















セミナー「一挙公開!ベトナム証券投資 実践セミナー」 に参加をご希望の方はこちら



 




 
 さいごに



ここまで、私のお手紙を読んで頂き、誠にありがとうございました。
 私は多くの人にベトナム投資に興味をもって欲しく思ったのです。
もし、あなたが、東京オリンピックが開催された50年前の日本にタイムスリップできたとしたら、
あなたは、日本の株に投資したいと思いますか?
今、海外からの投資が活況の中国...

今投資をしていないあなたは既に乗り遅れたと言っても過言ではありません。

もし、あなたが、そんな中国の10年前にタイムスリップできたとしたら、
あなたは、中国の株に投資したいと思いますか?
 
投資で勝利を収めている人たちは、
常に、判断するために十分な情報を持って決断しているわけではありません。


常に、可能な限りの努力を払い、出来る事は全て行い、少しでも多くの情報を仕入て、
少しでも正しい決断をしようとします。
しかし、決断するために必要な情報が全て揃うことは ありません。

そんな条件のなかでも、勇気ある決断を行ってきた人たちが、
日本、中国での投資で勝利を収め、成功者となっているのです。

 
 
イメージしてみてください

「このベトナム投資のチャンスに賭けたあなたは、5年後、10年後、どうなっていますか?」

 
「5年後、10年後、投資しなかったあなたは、ベトナムの成長をどんな気持ちで眺めていると思いますか?」

ベトナムは、アジア最期のドリーミングカントリーと言われています。
そう、貴方にとってこれが最期のチャンスです。
 
もし、少しでも、興味のある方は、今すぐ、私、浅野哲にコンタクトしてください。
 

私どもAll Asset Holdings Limitedでは、ベトナムの投資に関するセミナーを随時行っております。
あなたが今、手にしているチャンスが本物かどうか、どうぞ、見極めにきてください。
今、私が知っていること、経験してきたこと、全てをお伝えいたします。








 数えられるだけでも100社以上あるベトナム証券会社
 ただでさえ面倒な証券口座開設だから、慎重に選びたい!
 『間違えない、後悔しない証券会社の選び方』


 希望者には豪華ベトナム証券口座開設ツアーのアテンドも行います
 ・ホーチミン5つ星ホテルに滞在
 ・スパ、エステでのリラックス
 ・ディナーは一流レストランでセレブ気分!
 ・証券会社VIP室では日本語対応の口座開設手続き!



 証券口座開設後、ベトナム株式投資を行っている日本人は
 10%に満たない事実から、その90%に陥る罠を回避し、
 初心者でも確実に取引を行う方法、利益をあげるための
 方法をお教えします。



 実は、ベトナムの黄金株は未公開株と現地人しか知らない
 株式の中にあります。日本に居ては知ることができない、
 現地で取引を行う投資家だからこそ得られるリアルな情報を
 今回、特別に公開します。



このノウハウは私、浅野が現地ベトナムに常駐し、現地でのビジネス、投資活動を通じて築いてきたものであり、自信をもってご提供いたします。そして、


日本でもベトナム事業に投資のできる
仕組みもあわせてご紹介します。



 
◆開催日時:
  2007年2月17日(日) 14時00分~16時00分 (受付開始:13時50分)
 
◆講師:AAHLD会長兼CEO 浅野哲
 
◆会場:秀和TBRビル1階会議室1B
 
◆会場住所:  東京都千代田区永田町2-10-2
 
 







今回、残念ながら日程が合わない方へ

次回開催時のご連絡を
ご希望の方は下記ボタンよりメールアドレスをご登録ください



姓:名: 
メールアドレス:

     
毎回、即満席になりますので、優先的にご連絡を致します。








参加費:10,000円
お支払い方法は、銀行振込みとクレジット払いに対応しています。
お申込み時にお選び下さい。


2月17日(日) 25席 残り4席











興味のある方は、今すぐに行動する決断をしてください。

ベトナムは貴方の決断を待ってはくれません!!
あなたも経験したことがあると思いますが、成功を勝ち取るためには、常に一瞬の判断を求められます。
常に 一瞬の決断の遅れが、致命的な結果 を招く のです。

是非、今回ばかりは、「決断を遅らせた代償を払う」ことなく、
このチャンスを確実に掴み取ってください




 








 | トップ  |   特定商取引法の表記  |




 













Copyright c2007 http://www.hyper-investment.com All Rights Reserved.













詳細を見る
スポンサーサイト


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://iuqxzeim.blog72.fc2.com/tb.php/5367-33266e91



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。